皮脂が毛穴につまることも大きな原因

ふとした時に「なんだか変な臭いがする」と感じることはありませんか。もしかしたら、それは自分の顔の脂の臭いかもしれません。毎日洗顔やメイク落としでスキンケアをおこなっていても、なんだか顔が脂っぽく感じることがあると思います。

顔の脂が多くなる原因としては、皮脂分泌が盛んな状態に陥っていることが挙げられます。この皮脂は、体の皮膚のバリア機能として働く大切なものではありますが、分泌過多となると、過剰な脂が肌の上で酸化してしまいます。皮脂と酸化していく途中で、出すぎた皮脂は皮膚の上に常駐している雑菌や細菌の格好のエサにもなっています。活性酸素と皮脂が結びついて、酸化が進み、また細菌を増殖させてしまうことで、脂が特異な臭いを放つのです。

常に清潔に保とうとしても、人の肌には常在菌という細菌を無くしてしまう事はできないと言われています。ですから、表皮ブドウ球菌などがその例ですが、細菌の皮脂分解を抑えるのは難しいでしょう。

皮脂は毛穴にある皮脂腺という分泌腺から出ます。分泌過多が続くと、汗や皮脂の出口が、常に脂でふさがれた状態が続くことになります。毛穴から出る汗と皮脂が混じり、酸化が進むと、毛穴をふさいでしまい汚れが付きやすくなります。毛穴は上手く汗を排出できずに汚れと反応して皮膚炎を起こしてしまいます。これがニキビや吹き出物の原因です。

毛穴に残りやすい化粧なども、皮脂と反応して更に毛穴を詰まらせる元となります。肌の上にいる常在菌は、皮脂だけではなく汚れや化粧残りも好物です。欠かさず反応しようとして酸化を進行させてしまいます。

臭いの元となる皮脂の分泌過多と、毛穴の汚れをきちんとケアしなければ、肌コンディションを悪化させて、肌荒れを更に進めてしまう事になってしまいます。

Copyright © 顔の臭いの原因は酸化が原因?. All rights reserved.